FC2ブログ

ブルースカイブルー

 17, 2018 22:19
P1000055_convert_20180517214504.jpg







近い親族が、週末に亡くなりました。


何十年という苦しみから、やっと解放されるような死もあるのだと、


何とも、無念さと、やるせなさをぬぐい切れないような孤独な終わり方でした。


いったいその人の人生って、何だったのだろう、、、、。




でも、それは、まだ生きているワタシにも当てはまること。



最近、古事記や日本書紀の元となっていたという文献に出会い、



ねずじいとネットで勉強しているのですが、


その中に、たましい、の説明があって、



たまは、純粋で穢れなきもの。


しいは、体やあれこれの穢れのようなもの。




人は、亡くなると、きれいな「たま」だけになって、



天に帰ってゆくというのです。







せめて、これからは、苦しみのない、自由な「みたま」になって、



天界を自由闊達に楽しんでほしい、、、、、





そう願うしかありません。









奇しくも、その方の葬儀の日に、





西城秀樹さんが亡くなりました。




亡くなった方と、ほぼ同年代、まだまだ若過ぎる、、、、、、、。






子供の頃、御三家の中で、一番野生的で、カッコいいと思っていたのは秀樹でした。





YouTubeでいろいろ見ていたら、涙が止まらなくなりました、、、、、。


彼も、闘病生活が長かったけど、こうやって見直してみると、






かっこいいなあ。




ありがとう、秀樹!   





ご冥福をお祈りいたします。









久々の投稿が、悲しい話で、ごめんなさい。<(_ _)>





平成30年5月17日㈭








にほんブログ村
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?