FC2ブログ

Photo Gallery

超お久しぶり~

トップ記事に広告がついちゃったので、少し、書いておこうかと、、、、、、。


大嫌いなお正月ももう少しの辛抱で終わる。

早く、4月にならないかなー



家は喪中なので、めでたいこともない今年の正月。







YouTubeは、おかげさまで、300人突破しました。



ようやっと300人。



ツイッターもFBもSNSはやってないので、ものすごくゆっくりな登録人数です。




もうすぐ一年。




めちゃめちゃ体壊しました、、、、、。



右腕、指、腰、目、胃、足、、、、、ボロボロです。


血管も、内臓もあちこち、ボロボロです。


だるさ、疲労感、、、、、、



鶴の機織りみたいなyou tube




思った以上に、思った100倍は、たいへんでした。




1000人達成の前に過労死するかもと思われるくらい、



編集作業がたいへんですっっっ!!!




夜勤ありの勤め人くらい働いてるよ~( `ー´)ノ



10分の動画に8時間以上はかかる。



家事は後手後手、部屋はめちゃくちゃ、インテリアどころの騒ぎじゃないよ~~~(T_T)



タコみたいに、手足が8本欲しい。





PCで編集しながら、残りの6本の手で、部屋の片づけとか、料理とか、洗濯とかしたいよ!!!



ブログの方が1000倍は楽だった、、、、、、orz










でも、



でも、動画作りで、世界観表現するの大好きだから、続けるんだー






本当の意味で



私の動画が好きで来てくれてる



応援してくれてる人には、深く、感謝。♥








今年の目標は、、、、、、






ことあげせんので、言いませんが、






しっかりあります。








絶対達成してやるから、がんばるっっっ!!!








インコ団地の桃太郎channelはこちらから↓
 → インコ団地の桃太郎channel

チャンネル登録よろしくね!!!
スポンサーサイト



P1000055_convert_20180517214504.jpg







近い親族が、週末に亡くなりました。


何十年という苦しみから、やっと解放されるような死もあるのだと、


何とも、無念さと、やるせなさをぬぐい切れないような孤独な終わり方でした。


いったいその人の人生って、何だったのだろう、、、、。




でも、それは、まだ生きているワタシにも当てはまること。



最近、古事記や日本書紀の元となっていたという文献に出会い、



ねずじいとネットで勉強しているのですが、


その中に、たましい、の説明があって、



たまは、純粋で穢れなきもの。


しいは、体やあれこれの穢れのようなもの。




人は、亡くなると、きれいな「たま」だけになって、



天に帰ってゆくというのです。







せめて、これからは、苦しみのない、自由な「みたま」になって、



天界を自由闊達に楽しんでほしい、、、、、





そう願うしかありません。









奇しくも、その方の葬儀の日に、





西城秀樹さんが亡くなりました。




亡くなった人と、ほぼ同年代、まだまだ若過ぎる、、、、、、、。






子供の頃、御三家の中で、一番野生的で、カッコいいと思っていたのは秀樹でした。





YouTubeでいろいろ見ていたら、涙が止まらなくなりました、、、、、。


彼も、闘病生活が長かったけど、こうやって見直してみると、






かっこいいなあ。




ありがとう、秀樹!   





ご冥福をお祈りいたします。









久々の投稿が、悲しい話で、ごめんなさい。<(_ _)>





平成30年5月17日㈭








にほんブログ村
先日バスに乗っていて、自分の通っていた小学校の前でずーっと渋滞していたことがあった。

その時、ふと、昔、遠足の日の朝に、お弁当が間に合わなくて、
観光バスがもう来てしまったときに、
慌てて母が「あっちゃーん」と校庭に駆けて入って来て、ギリギリ間に合った、、、、、
という苦い経験を想い出した。

寝坊した母が、必死で作って持って来てくれたお弁当。
あの時は、自分もハラハラして、生きた心地がしなくて、きっと、母を恨めしく思ったかもしれないが、
今となっては、そんな想い出が愛おしくて、悲しくて、
やっぱり涙が出て来てしまう。


バスに揺られながら、
自分がこの町に何年住んでいたのか、改めて数えて、愕然とした。
結婚して他県に移住したこともあったが、
その期間を抜いても、この街周辺に、もう40年近く居ることになる。

母は最後私に「53年間お付き合い下さりありがとうございました」と言って、
逝ってしまったけれど、そのうちの40年近くは、ここで母と過ごしたことになる。


もうだいぶ昔から母は「もっと文化的な都心部(笑)に引っ越したいけど、、、、」と言っていた。
仕事の本部や付き合い、勉強会などで、毎週のように都心部に通っていたので。
しかし、母は地元でお教室を2つ持っていたので、なかなかそうゆうわけにもいかなかった。
地元の喫茶店でお茶をしながら、よく冗談めいて、
「あっちゃんとふたりでどっか行って暮らそうか」と言って笑ったものである。


自分としても、いつも、他の町に憧れて、脱わが町、を目指しているのに、
もうこんなに長い間ここを離れられないなんて、、、、、、
ちょっと、、、、、、、いや、かなりショック。









また、ある夜のこと、ねずじいと待ち合わせて、
カレーが食べたくなって、おいしいカレーじゃなきゃイヤなので、
デパートの上階のインディアカレーのお店に入ったのだが、
その店も母と何度か入ったことのあるお店だった。

ランチタイム、案内された席の場所が気に入らなくて、納得のいく席に移動させてもらうのに、
少々ゴネたんだよな、、、、、あのときの母と私。(笑)
そんなディテールまで、はっきりと、想い出される。


食事やお茶、母とは、けっこう、あちこちのお店に一緒に入ったので、
どこに入っても、想い出がない店はないくらいなのだ。
スーパーでも、どこでも、母はけっこう、大きな声で、「あっちゃーん」と
遠くから呼ぶ癖があったので、ずっと恥ずかしく思ってたのに、
今は、空耳で聴こえてくることがあって、
そんな時は、やはり、また、泣きそうになる。
だってもう、本物の声じゃないんだもの、、、、、




毎日のように生活している中で立ち寄る場所に、
母がいっぱい溢れている。
歴史が長いので、ラケル、神戸コーヒー、飲茶の香家、、、、
移転や閉鎖でなくなってしまった店もたくさんあるが、
まだ残っている店は、一人で入ったり、ねずじいと入ったりするので、
その度に母が甦って来てしまう。

ただ、残っている喫茶店で、唯一、入れないお店がある。
紅茶の専門店で、最後の方に母とよく入っていた喫茶店である。
母はポイントを集めていて、何十回と通って、
やっといっぱいになった時、紅茶のパフェを二人で食べたんだっけ、、、、、
あのお店は、母の気配がまだ生々しく残っているから、
絶対に入るのは無理だろう、、、、、、



この町で生活している限り、母はまだ生き続けている。
母の方が生き生きしていて、
むしろ私の方が亡霊のように抜け殻のようになって歩いている。




でも、もう、母は本当にこの街から居なくなってしまったのだから、
この町に居る必要もないんじゃないかと思うことがある。



新しい生活をリセットしたいような気分。
母の影響の無い新しい町で。




なんか、今日の記事は、支離滅裂でゴミンナサイ、、、、、、、




IMG_4397_convert_20141007111237.jpg
CT検査の後、モスでお昼。窓の向こう、信号の向こう側で、母が私を見つけ、
ニコニコしながら道路を渡って来ます、、、、、(涙)










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









9月27日土曜日



トゥイッピーの右目が白濁して来たので、マリンと一緒に、動物病院に連れて行った。

行きも帰りも、電車の窓から、母が入院していた病院が見えた。

母の病院は、動物病院の手前の駅だった。

先週までは、見舞いの行き帰りに、あそこに母がいる、と思っていた病院だ。

もう、あそこに母はいない。

実は、電車の窓からは実家の窓も見える。

あんまりいい思い出がないあの場所は、また、違った意味で苦く虚しい。



元気な頃はいつでも会えると思ってたから、そんなに頻繁に会うこともなかったし、

いつもいると思っていたから、感じなかったけれど、


こんなことがあったから後で会った時に母に言おう、とか、

こんなことをしたら母がどんな風に言うだろうか、とか、

母に伝えたいこと、尋ねたいことがあまりにも多過ぎること、

そして、その母には、2度と会えないこと、

2度と話せないし、返事の声が聴こえないこと、


、、、、、、、に、愕然とする、、、、、、





いつも母と入っていた喫茶店にも、


通っていた道も、


当分は、行けそうにない。



どうしても、そばを通らなければならない時には、



大声で泣いてしまいそうで怖い。






日常生活は、2週間前も、1週間前も、

昨日も、今日も、そして多分明日もつづいて行くのに、




何故、そこに、母がいないのか?




ねえ、どこに居るの?    どこに行っちゃったの??




部屋に居る時も、街を歩いている時も、問うてみるのだが、


返事は返って来ない。






トゥイッピーは、傷が原因の、白内障だった。

進行を食い止める投薬がしばらくつづく。

マリンも、同じく、投薬続行だ。




帰宅後も、家に居るのが堪らなくて、夕方から街に出た。

秋祭りのお神楽が商店街の広場を賑わせていた。

大好きなはずのお神楽なんだけど、、、、


御神輿が出てたね、、、、、なんて話もできないのが、


ものすごくさみしい。




                   




IMG_4347_convert_20140928112415.jpg

                        













IMG_4352_convert_20140928113333.jpg


IMG_4375_convert_20140929150557.jpg
9月19日(金)~お葬式までの一週間のあいだに水晶体が白濁してしまったトゥイッピーの右目。

毎日眼薬で殺菌してやればよかったのかな、、、と思うが、
もう仕方ないですね、、、、すりガラス越しに見えてる感じだそうです。

犬なら人間と同じレンズ交換の手術ができるそうですが、
いかんせんインコの目は小さ過ぎて、手術道具が無いそうです。

片目が見えなくてもインコは飛べるし、両目を失っても今まで通り生活している子もいる、
と先生がおっしゃっていたので、あまり気に病まないことにします。
本人(本鳥)はすこぶる元気ですので。

ルティンがいいらしいので、小松菜をいっぱい食べさせることにしよう。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村












WHAT'S NEW?